NFP(非農業部門雇用者数)で景気を見る

NFP(非農業部門雇用者数)で景気を見る

名前の通り、農業以外の産業で働く人の数がどの程度増減したかを表す指標です。この値が大きくなると米国の景気がよくなっていると判断されるため、米ドルが買われる傾向にあります。日本時間の毎月、第一金曜日、午後10時半(サマータイム時では9時半)に公表されます。

 

NFPは株式や債券の市場でも注目される指標ですので、市場予想と大きくずれた場合などには特に為替レートが大きく動く可能性がありますので注意が必要です。また、すでに公表されている前月の数値が変更されることが意外と多いため、ある程度過去にさかのぼって値を確認することをお勧めします。

為替情報はこのように送られる。以下の情報の意味がピンとこなければ、一かわせ相場を勉強しよう!「バーナンキFRB議長が「緩和的な金融政策が引き続き必要」とした上、雇用情勢は正常からはほど遠い」と述べるなど、米経済及び労働市場に対する悲観的な見解を示した事で、市場ではQE3の可能性を完全に排除する事は出来ないとの観測が浮上。米主要株価指数が序盤の堅調地合いから、前日比マイナス圏へ下落した事などが嫌気され、為替市場は米ドル売りが進行。」