PPI(生産者物価指数総合指数・コア指数)は製造業の景気を示す

PPI(生産者物価指数総合指数・コア指数)は製造業の景気を示す

米国内の製造業者の販売価格を調査したもので1982年の平均物価を100とした指数で表されます。公表されるのは対象月の翌月の第二週です。物価が上昇するときは景気が拡大していると判断され、一般的には過熱しないように利上げで調整を行おうとします。米国が利上げした場合には、米ドルが買われることが多いため、円との関係では円安米ドル高になる傾向です。

 

為替情報はこのように送られる。以下の情報の意味がピンとこなければ、一かわせ相場を勉強しよう!「バーナンキFRB議長が「緩和的な金融政策が引き続き必要」とした上、雇用情勢は正常からはほど遠い」と述べるなど、米経済及び労働市場に対する悲観的な見解を示した事で、市場ではQE3の可能性を完全に排除する事は出来ないとの観測が浮上。米主要株価指数が序盤の堅調地合いから、前日比マイナス圏へ下落した事などが嫌気され、為替市場は米ドル売りが進行。」